Current

濵本奏
「midday ghost」

2020.07.31 (Fri) - 2020.08.05 (Wed)

新進気鋭の作家、濵本奏による写真展「midday ghost」を開催します。

今回の展覧会タイトルとなる「midday ghost」は、「日常の中にある絶えず移ろう実態のない亡霊のような光景をおさめたもの」と濵本は語っており、“実際にこの世にあるものの、その輪郭が曖昧だと感じる存在”を表現するために壊れたカメラを使用した撮影方法を用いて、独自の表現を実践してきました。本展示では多くのプリントによって空間を構成します。

併せて、濵本の初となる写真集「midday ghost」をhito pressより出版いたします。本写真集はSTUDIO STAFF ONLYにて会期中限定での販売となりますので、この機会に是非お求めください。hito pressは「人」と向き合い「場」を作る出版レーベルとして、2020年にHYOTAにより設立されました。今回の写真集はレーベル第一弾の作品となります。ブックデザインは藤田裕美です。

また、表参道のギャラリー「ROCKET」にて同タイトルの展覧会を同時開催します。STUDIO STAFF ONLYとは異なった展示内容となり、2会場を併せて観賞することで、より深く濵本の考えに触れることができるでしょう。


会期中無休
13:00〜19:00


濵本奏 Kanade Hamamoto

2000年神奈川県横浜市生まれ。東京・鎌倉を拠点とし、写真を表現の軸に活動。2018年 鎌倉にて初個展「mi-kansei」、2019年 渋谷room412にて個展「reminiscence bump」を開催。
https://www.kanadehamamoto.com/
Instagram


今、世界が直面する問題は数多く、
情報や記号に溢れた目まぐるしい選択肢の連続は
わたしたちの様々な価値を分断し奪い去ろうとしている。
そんな時代、存在の在処を示すように
濵本奏は自身の曖昧で変容する記憶を写真として残す。
その姿を全てを見ることは誰にもかなわないとしても、
“確かに存在したもの”の輪郭をなぞり、像を浮かびあがらせる
記憶の写真は、時間の尺度を越え
わたしたちの前で彩りながらも、静まり無となって現れる。
西陽の反射、水紋、枯れた花、蝶の死骸、人々。
絶えず移ろう数々の実態のない光景は、夢、または亡霊なのかもしれない。
見つめる世界はまだ露わになっていない。
ここはどこなのか?あなたは誰なのか?わたしは誰なのか?
不明瞭なこの世界で、作家はその問いを表し続けなくてはいけない。
この闘いは始まったばかり。

hito press 中村俵太


[写真集情報]
濵本奏 「midday ghost」
288ページ
H200mm × W140mm
コデックス装
スリーブケース入り
出版:hito press
http://hito.press
※会期中、STDUIO STAFF ONLYでの限定販売となります。ROCKETでの販売はございませんのでご注意ください。

[同時開催]
「midday ghost」
OMOTESANDO ROCKET
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4丁目12-10 表参道ヒルズ同潤館 3F
https://omotesando-rocket.tumblr.com
会期中無休・入場無料